【トランポ】自作バイクヒッチキャリアの作り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自作バイクヒッチキャリアの具体的な作り方

さて、ここからは自作バイクヒッチキャリアの具体的な作り方について、ステップバイステップでお話していきます。

【STEP1】ヒッチメンバーを取り付ける

まず始めに、バイクヒッチキャリアを取り付けるためのヒッチメンバーを取り付けていきましょう。

中古で購入したヒッチメンバー

今回は中古(約1万円)で手に入れたヒッチメンバーを自分で取り付けていきます。

具体的なヒッチメンバーの取り付け方については、こちらの記事を参考にしてください。

>>中古購入のヒッチメンバーを自分で取り付ける方法【ノア・ヴォクシー編】

【STEP2】単管パイプでヒッチキャリアを製作する

ヒッチメンバーを車に取り付けることができたら、次はヒッチキャリアを製作していきます。

自作バイクヒッチキャリアを取り付けた様子

基本的には、付属していたヒッチメンバーに差し込む金属パーツに単管パイプを組み合わせて製作しました。

単管パイプで作るバイクヒッチキャリア1

ヒッチメンバーの差込パーツに開けられていた穴を利用して、単管パイプを組み立てていきます。

単管パイプホルダーを取り付け

単管パイプを固定

単管パイプを組み合わせてバイクヒッチキャリアを作る

こんな感じで単管パイプを組んでいき、最終的にはこのような形にしていきました。

単管パイプで作った自作ヒッチキャリア

このキャリアにバイクを積載すると、こんな感じになります。

単管パイプで作ったバイクヒッチキャリア

前輪のタイヤを外しているのは、車幅からバイクがはみ出さないようにするためで、前輪部分はシャフトにアルミパイプを差し込んで、凹に削った単管パイプに乗せて固定しています。

単管パイプで作る自作バイクヒッチの前輪

ちなみに、トランクの上側からも荷締めベルトでヒッチキャリアを吊り上げているのは、少しでもヒッチキャリアや、ヒッチキャリアを固定している車体側への負担を軽減するためのものです。

荷締ベルトでバイクを固定

できるだけ安全にバイクを輸送するために、できうる安全対策は実行しておくのが吉ですね。

次のページでは、自作バイクヒッチキャリアの作り方STEP3~4についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました