【DIYに挑戦】ヒッチメンバーを自分で取り付ける方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒッチメンバーの購入と取り付けについて

ヤフオクの中古で購入したヒッチメンバー

まずはじめにお話しておきたいことは、ヒッチメンバー購入の際のポイントについてです。

ヒッチメンバーはDIYで取りつけ可能か?

多くのヒッチメンバーは溶接を必要とせず、ボルトとナットで本体を車に固定できるようになっており、後はウインカーやバックライトなどの配線処理(半田付け不要)ができれば、自分で取付することが可能です。

中古でヒッチメンバーを自分で取り付ける方法

これは我が家のエルグランドに付いているヒッチメンバーの写真ですが、費用節約のためヒッチメンバーの取り付けは業者に依頼せず、自分で取り付けしました。

業者に依頼した時のヒッチメンバー取り付け費用

出典)ヒッチメンバー取付|シーマリン

ちなみに、このヒッチメンバーは指定部品という分類(ルーフキャリアなどと同じ)で、わざわざ車検の際に取り外す必要はなく、また取り付けた後に陸運局などで構造変更の届出などをする必要もありません。

Q4.ヒッチメンバー装着して車検通るの?
ボルト、ナットで装着されているヒッチメンバーは、構造変更の必要が無く、装着したまま車検を受けることが出来ます。

引用)ヒッチメンバー/トレーラーのよくある質問集|ボートプラザコーポレーション

Q7.牽引車輌にヒッチメンバーを取り付ける際は、改造申請などの手続きが必要ですか?

A7.
規制緩和により、認定製品(メーカー品。自作は不可)であり、ボルト取付であれば改造申請は不要です。

引用)Q&A|SOREX

既製品のヒッチメンバーを購入することができれば、面倒な手続き申請関係の必要は有りませんので、DIYに自信がある人であれば、どうにかこうにか自分でヒッチメンバーを取付することが出来ると思います。

次のページでは、ヒッチメンバーを購入する際のポイントについてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました