軽トレーラーのユーザー車検の方法を徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ユーザー車検のSTEP3】ユーザー車検を受ける

ここからは、ユーザー車検当日の具体的な流れについてお話していきます。

軽トレーラーのユーザー車検は軽トレーラーを軽自動車検査協会に持ち込んで、書類を提出し、駐車場の一画を使って立会い検査という流れで行われていきます。

まず、このユーザー車検を受けるために必要な書類は以下の通りで、先程印刷したユーザー車検の予約表の下の方に一覧表が記載されています。

軽トレーラーのユーザー車検で必要な書類

これらの中から1~4は既に手元にあると思いますので、前日までにそれらをクリアファイルなどにまとめて持って行きましょう。

それから、この一覧表には書かれていませんが、先ほど印刷した検査予約表も忘れずに持っていってくださいね。

5~8については、軽自動車検査協会の代書コーナーというところで購入できます。

軽自動車協会に到着したら、まず、その辺にいる係りの人にどこに車と軽トレーラーを停車させればいいか聞きましょう。

というのも、普通、軽自動車などのユーザー車検は専用の車検レーンがあり、そこを通過しながら検査がなされていくのですが、軽トレーラーの場合、駐車場の一画で担当者と一緒になって確認作業を進めていくことになるため、他の人の邪魔にならないような場所に駐車する必要があるからです。

軽トレーラーのユーザー車検当日

私の場合は、こんな感じで駐車場の端っこの方に止めておくように言われました。

車を指定の場所に止めることができたら、軽自動車協会の総合受付に行き、「軽トレーラーのユーザー車検をしたいのですが・・・」と言って、持ってきた書類を提出しましょう。

すると、「ここで手数料1400円を支払ってもらって、その後、代書コーナーで自動車税納付書と継続検査申請書、軽自動車検査表を購入し、重量税の納付窓口で重量税(8800円)を支払い、あと自賠責保険にも入ってくださいね」と言われますので、その指示に従っていきましょう。

【STEP4】必要書類を購入する

まず、軽自動車検査協会内にある代書コーナーと呼ばれる窓口に行って、先ほど言われた以下の3つの書類を購入(30円)し、車検証などを見ながら記入できるところを記入しておきます。

自動車税納付書

軽トレーラーのユーザー車検で必要な重量税納付書

継続検査申請書

軽トレーラーのユーザー車検で必要な継続検査申請書

軽自動車検査表

軽トレーラーのユーザー車検で必要な軽自動車検査票

初めての場合、いろいろな書類が一度に手元にやってきて、どこに何を記入すればいいのか分からなくなって困ってしまいますが、最初の総合受付のところにいる人に聞けば、色々と教えてくれますよ。

次のページでは、軽トレーラーのユーザー車検STEP5~7についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました