【再封印】リアナンバーを移設する具体的な方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】リアナンバーのステーやナンバー灯を取り付ける

まず始めにやることは、リアナンバーを移設する先にナンバーステーやナンバー灯を取り付けることです。

国土交通省が定めたナンバープレートの表示に関わる新基準を参考に、ナンバープレートの移設先を検討していきましょう。

ナンバープレートの取り付け位置(国土交通省)

出典)(2)「ナンバープレートの表示に係る新基準について」

移設先を決める上で注意すべき点は、リアバンパーなど簡単に取り外しができる場所に取り付けてはいけないということ。

移設自体は合法。

ただし、ナンバーをバンパーに取り付けて、バンパーを外すと、そのままナンバーや封印がバンパーと一緒に外れてしまうような取り付け方はNGです。

バンパーを外しても、ナンバーや封印は車両側に残るような形で取り付けて下さい。
(ボルトを介して、車両のフレームなどに固定されている状態)

バックドアに取り付ける場合は、そのままで問題ないです。
(バックドアは容易に取り外しができないため。)

引用)車のリアナンバーに関する決まり。 愛車のリアナ|Yahoo!知恵袋

私も本当はリアバンパーのところにナンバーを移設したかったのですが、このこと考慮したうえでバックドアの左下に取り付けることにしました。

リアナンバーを移設する場所を決定する

【STEP2】リアナンバー取り付け用の穴を空ける

移設先が決まったら、電動ドリルなどを使ってナンバーを固定するための穴を空けていきます。

電動ドリルなどを使ってナンバー移設先に穴を空ける

空ける穴の大きさは、ナンバープレートを取り付けるボルトがM6(10mmスパナ)なので、直径6~6.5mm程度のものを使いましょう。

リアナンバー移設先に取り付けようの穴を空けた

穴を空ける間隔については、前後のナンバーは共通のものですので、フロントについているナンバーのボルトの間隔を測ればOKですよ。

【STEP3】ナンバー灯を取り付ける

リアナンバーの移設先に穴を空けることができたら、ナンバー灯を取り付けていきましょう。

今回使ったナンバー灯はネットショップなどで約3000円ぐらいで購入できるLED車外ナンバー灯(ジムニー用のものを流用)です。

ナンバー灯LED

出典)楽天市場

あとはホームセンターなどで売られているステーなどを組み合わせて、こんな感じでナンバー灯を取り付けました。

ナンバー移設のためにナンバー灯を取り付ける

ナンバー灯の配線は、バックドアの裏側にある純正のナンバー灯の配線に接続しました。

ナンバー灯の配線を割り込ませる

移設したナンバー灯を点灯させるとこんな感じに光ります。

移設先のナンバー灯を点灯した様子

この後、陸運局でナンバーを移設するのですが、移設後は純正のナンバー灯の電球を外しておけば、元々のナンバーの場所は光らなくなり、移設先のナンバー灯のみ点灯するようになります。

次のページでは、リアナンバーを移設する手順4~5についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました