中古購入のヒッチメンバーを自分で取り付ける方法【ノア・ヴォクシー編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヒッチメンバーを取り付ける具体的な方法

ここからは、ヒチメンバーを取り付ける具体的な方法についてお話していきます。

【STEP1】ボディ側の金具を取り付け位置を確認する

まず始めに、ヒッチメンバーの部品がボディにどうやって取り付くのか確認していきましょう。

ヒッチメンバーはこのように2~3分割できるようになっていて、まず、写真の上のほうに写っている部品を付属のボルトで固定していきます。

ヒッチメンバーの部品構成

ヒッチメンバーのボディ側取付金具

車の下にもぐって、ボディの底面を見てみると分かるのですが、この部品を固定するためのボルトのネジが切ってある穴は2ヶ所(赤丸)しかありません。

ヒッチメンバーのボルト固定位置

赤矢印で示したところは、一応は穴が空いているものの、その穴は上面(車内側)まで貫通はしておらず、下図にある付属のボルトを取り付けることができません。

ヒッチメンバーの固定に使うボルトとナットとカラー

ですので、ヒッチメンバーを取り付けるために、まず、ボディに穴を空蹴る必要があること、そして、このボルトを取り付けるために、リア側の内装を取り外していく必要があることが分かりました。

【STEP2】リア側の内装を剥がす

ボルト用の穴あけ加工をする前に、どの位置に穴が開くかどうか確認していく必要があったので、まず、リア側の内装を剥がすことにしました。

まず、3列目のシートを跳ね上げ、シートを固定しているボルトを緩め、シートを取り外していきます。

ヒッチメンバーを取り付けるために3列目のシートを跳ね上げる

ヒッチメンバーを取り付けるためにシートを外す

ヒッチメンバーを取り付けるためにシートを外した後

後は、どうにかこうにか工夫しながら車の内装を外していきます。

まずは、トランク下のカバーを手でバリッと外していきます。

トランクの内装を剥がす

手でトランク後方の内装を外す

トランク後ろの内装を剥がす

次は、トランクの横面についているプラスチック製のクリップを取り外していきましょう。

トランク横にあるプラ部品を取り外す

このクリップは、中央部分を手でググッと引っ張れば真ん中の部分が出てきて、簡単にはずすことができます。

クリップの中央部分が持ち上がる

クリップが外れたところ

次は、荷物フックを取り外していきます。

内装を剥がすために荷物フックを取り外す

この荷物フックは、真ん中のプラスチック部分を引っ張り出すと、中に10mmのボルトがありますので、それを緩めると荷物フックを外すことができます。

荷物フックのカバーを外す

荷物フックを外す

その他に、横面のパネルを固定している内張りピンやビスを2~3箇所ほど外していきましょう。

内張りピンを取り外す

内張りを止めているビスを取り外す

内張りパネルを固定しているものがなくなったら、トランク側から内張りを手でバリッと剥がすことができます。

内張りを剥がしたところにあるシートベルトの部品

で、真ん中のところに見えているシートベルトの部品をメガネレンチ(14mm)で取り外すと、お目当てのボルトを取り付ける場所にたどり着くことができます。

穴を空けた後のボディのイメージ

穴あけ前の写真をとり忘れていたので、穴あけ後の写真を使って説明しますが、赤矢印の部分に空いている穴は、ボディ下側からドリルを使って空けた穴で、写真で見えている部分の下側にも同じように穴が開いていて(写真では見えていないところ)、そこもドリルで空けた穴になります。

ちょっと細かなところばかり説明しましたが、ざっくり言うと、トランクの後ろの内装の奥にある鉄板に穴を空けて、その穴にボルトを通す必要があるということです。

ボルトを固定する場所

内装を剥がすのは少し慣れが必要ですが、ここで紹介しているように色々とやってみながら、最終的にはどうにかこうにか外すことができると思いますので、頑張ってみてください。

次のページでは、ヒッチメンバーを取り付ける具体的な方法STEP3~5についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました