【自分で名義変更】中古で安く軽トレーラーを購入する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【名義変更のSTEP1】軽自動車検査協会の総合受付に行く

軽自動車検査協会に到着したら、まず今回持ってきた以下の書類(先ほどお話したもの)を持って総合受付に行き、「軽トレーラーの名義変更をしたいのですが、どのように手続きをしていけばいいのでしょうか?」と窓口の人に話しかけます。

すると、「今もっている書類を見せてもらえますか?」と言われるので、先ほど紹介した以下の書類を手渡します。

  • 自動車検査証(軽トレーラーのもの、コピー)
  • 委任状(出品者の名前や住所、認印が押されたもの)
  • 自動車税納付通知書(出品者から渡されたもの)
  • 住民票(自分のもの)
  • 認印(自分のもの)

一通り書類に目を通すと、「この他に第一号、第五号の記入用紙と、自動車取得税自動車税申請書(報告書)が必要なので、建物内にある代書コーナーに行きそれらの用紙を購入してきてください。あと、ナンバーも返却しておいてください。」と言われました。

【名義変更のSTEP2】代書コーナーで用紙の購入&記入

早速、代書コーナーに行き、それらの用紙を購入(約50円)し、記入台にある記入例に従って以下のような感じで記入をしていきます。

軽第一号様式

軽トレーラーの名義変更で必要な第一号用紙

軽第一号様式の記入例

記入例に従って車検証に記載の車体番号や車両番号などを記入していき、下の左側には自分の住所と名前を書いて認印を押し、右側には出品者の名前と住所を記入します(出品者の認印は要不要)。

軽第五号様式

軽トレーラー名義変更で必要な軽第五様式

軽第五様式の書類には、軽トレーラーの車検証の備考欄に記載される「けんいん車」の型式を上記のように記入していきます。(私の場合は、窓口の人がササッと記入してくれました。)

というのも、トレーラーを公道でけんいんするためには、引っ張る側の車の車検証の備考欄にトレーラーを引っ張ることが出来るという証明(950登録と呼ばれるもの)を付けるか、または、トレーラーの車検証の備考欄にどの型式の車で牽引されるかということを記載しなければならないというルールがあります。

通常、トレーラを牽引する際に、どの車両で牽引できるか(特定の車両のことではなく、正しくはどの型式の車両で…)を被牽引車両(トレーラの側)に登録します。 そのため、トレーラを変えたり、追加したり、他人のトレーラを引く場合でも、トレーラの車検証に引く車を登録しなければなりません。 特に臨時で引く場合、面倒ですよね。

しかし、規制緩和により(H16/7/1~)、どういう被牽引車両(トレーラ)を牽引できるかを、牽引する車両に登録できるようになりました。 要するに、引く車の車検証に引けるトレーラの範囲を登録することになり、その範囲のトレーラなら何でも引けるようになるのです。「950登録」とも言います。 これにより、友人のトレーラを臨時に牽引することも可能になります。(登録されていないトレーラを牽引するのは違反なのを知らない人も多いようです。)

出典)[950登録] 連結検討(牽引車両に牽引可能範囲を登録する方法)|トモの航海日誌 別冊

先ほど、出品者から受け取ったトレーラーの車検証の備考欄を見てみるとわかりますが、何台かの車の型式が登録されており、ここに記載の型式の車であれば合法的にトレーラーを牽引することが出来ます。

中古の軽トレーラーの自動車検査証の備考欄

ここで間違えやすいのは、軽トレーラーで名義変更するタイミングで軽トレーラーの車検証の備考欄にけん引車の追加登録をする場合、普通車サイズのトレーラーの場合に必要となる「連結検討書」は不要で、軽トレーラーのけん引車登録に対する検討は軽自動車協会の方で行ってくれます。

最大の懸案と予想した、牽引車を追加のための「連結検討書」は協会側で対応。

引用)備忘録「名義変更(軽自動車)」|Tourist 旅人

1:連結検討

軽自動車検査協会へ行き、連結検討書について相談するとけん引車、トレーラの車検証のコピーを提出すると協会で連結検討、書類を作成してくれます.  検討書を自分で作成する必要はありません.

引用)バイク搬送用 フルトレーラー|Six Wheels Life

もしかしたら軽自動車検査協会の対応に地域差があったり、名義変更の手続きでは不要ですが廃車からの新規登録の場合は連結検討書が必要な場合もあるかもしれませんので、その点については事前に軽自動車協会に問い合わせておくと良いでしょう。

自動車取得税、自動車税申請書

自動車取得税、自動車税申請書の記入

自動車取得税、自動車税申請書の記入例

この書類は、記入例を見ながら、車検証に書かれている内容や自分や前所有者の人の名前や住所を記載していきましょう。

次のページでは、軽トレーラーの名義変更のSTEP3~5についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました